2016年12月

自律神経失調症の整体
爽整体院
先生ってどんな人?
主な施術内容
回復・改善・症例
メニュー・地図


新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2016.01.25 19:56
スマホや携帯での表示はコチラ

宇宙の一員

昔のブログです・・・


水が液体の状態で存在していることが期待できる惑星が、約500光年のところにあることを米航空宇宙局(NASA)が発見し、18日、米科学誌サイエンスに発表したというニュースがありました。
大きさは地球の約1.1倍程度で地球によく似ているそうです。水があって地球によく似ているとなるとそこに知的生命体がいるのではと夢が膨らみます。研究している訳でも何でもなくただ単にそう思うだけなのですが、私は地球以外の生命体・・・エイリアンは必ずいると思っていますのでこういうニュースを聞くと嬉しくなります。

500光年と言えばもちろん想像を絶するくらい遠い距離です。1秒間で地球を7週半する光のスピードで500年かかるのですからとてつもなく遠いと言えます。しかし同時に宇宙の規模で考えた場合、かなり近いとも言えると思います。太陽系が属している銀河系は直径が約10万光年あります。銀河の定義にもよるようですが、銀河系と同程度の規模で一番近いアンドロメダ銀河は地球から約239万光年彼方にありますのでそういった宇宙規模で考えるとかなり近いと言えそうです。

「エイリアン」と言えば、学校を卒業して最初に就職して東京にいたとき、休日に友達と「映画でも観るか」と観たのがたまたま上映していた「エイリアン」という映画でした。何の予備知識もなかったから余計だったのかも知れませんがめちゃくちゃ怖かったのを覚えています。あの恐怖と絶望感・・・何度のけぞったか分かりません。そんな怖いエイリアンは願い下げですが、普段私がこんなニュースを聞いたときにイメージするのは、我々人類と同じように楽しんだり、悩んだり、笑ったり、悲しんだりしているエイリアンがいるのではないかということです。

無限と思える広大な宇宙の500光年彼方に、「今日は天気も悪いし仕事嫌やな」と思いながら満員の通勤交通機関に乗っているエイリアンを想像します。仕事は忙しいし、家に帰ればまたいろんな用事が待ってるし、「ああどこか温泉でも(温泉もきっとあるはず?)行ってのんびりしたい」・・・ということを考えながら窓の外をぼーっと眺めている・・・そういうことをイメージしていると「地球でもあんたと同じような悩みは誰でももってるよ」「でも苦労があればそのうちいいこともある」・・・「だからあんたもあんまり肩(肩はないのかも知れませんが肩に相当するところ)の力を抜いて」・・・と言いたくなって日々小さなことで悩むことないなと思えてきます。

私達は広大な宇宙の中の銀河系の中の太陽系に属する地球という星の住人です。間違いなく宇宙の一員です。「何故我々は存在するのか」の答えは相当に難しいですが、宇宙の意思であることは間違いないと思います。

整体において、「中立位の整体」や「頭蓋仙骨療法」で施術をしていて脳脊髄液の循環リズムと同期がとれたとき、宇宙とつながっているように感じます。ちょっと大げさでしたね・・・でも宇宙の一員であるからそれは当然なのかも知れません。ある意味それは人が生命活動を開始したときから刻み続ける「第一次呼吸」を通して宇宙とつながっているとも思えるのです。
そうやって宇宙空間に共に漂っているような気持ちで施術していると、私自身もゆったりとしてきます。それは施術される方も私も共に宇宙の一員になって、宇宙が目指している『秩序』に静かに向かっているように思えるのです。

整体が取り戻そうとしている「心」と「身体」の『秩序』もまた宇宙と深く関係していそうですね。


2014年4月21日(月) 進化流水…流れる水は滞らず、健康への進化を共に歩む
この記事へのコメント
コメントを書く
名前

タイトル

ホームページ

コメント

画像

パスワード(削除用)
クッキー