<< 2017年05月

自律神経失調症の整体
爽整体院
先生ってどんな人?
主な施術内容
回復・改善・症例
メニュー・地図


新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2017.05.10 12:19
スマホや携帯での表示はコチラ

幸せな犬

近所に、ある飼い犬がいます。
飼い主はかなりのお歳を召したおばあさんです。
そのおばあさんとはお話ししたこともありませんが、
たまに犬を散歩させている場面に出会います。

何という種類の犬かはわかりませんが、
多分テリヤの一種だと思うのですが、とにかく可愛らしい小型犬です。
そしてこの犬も相当なおばあさんです。

確か2年くらい前、
そのおばあさんとおばあさん犬は一緒にヨチヨチと散歩していました。
でも去年、ふと出会うと、
おばあさん犬がだいぶ弱っているのか、
本当に歩くのも辛そうで、
だいぶ歳をとってきてしっかり歩けないのが可哀そうに感じました。

それからまた何か月後、
おばあさん犬は下に戸車をつけた木箱に乗っています。
でも木箱はお腹のところだけなので、
前脚と後脚は地面について自分で歩いているようにも見えます。

この段階で僕は感心しました。
おばあさんもかなりのお歳です。
それが歩きにくくなってきた犬のためにそんな箱を作ってでも
散歩をさせてあげている・・・
中々できないことだと思います。

その散歩の様子を見るたびに、
気持ちにグッとくるものもありましたが、それ以上に微笑ましいものでした。

しかし、また数か月後、
その木箱の高さが高くなっています。
もうおばあさん犬の脚は地面に着いていません。
失礼ながらただでもヨチヨチ歩きのおばあさんが、
その木箱をガラガラと引っ張っています。
おばあさんにしたらきっと重いし、歩きにくいだろうと思います。
ここにきて以前にも増してかなりグッときました。
ここまでしてあげるのかと・・・
木箱に乗ったおばあさん犬はそれでもキョロキョロと嬉しそうです。

そして、つい最近、
また散歩の場面に出会いました。
しかし、木箱はありません。
何と、リードの先に犬をぶら下げるための布があります。
そこにおばあさん犬はお腹を乗せて相変わらずキョロキョロと散歩を
させてもらっています。
もう脚が地面に着くとか着かないでなく、
歩く時はおばあさんがほとんど宙に持ち上げて・・・

そこまでしてあげることが出来るおばあさんは素晴らしいです。
そしてそんなおばあさんと一緒にいつまでも散歩できる犬は本当に幸せです。


2017年5月10日(水) 進化流水…流れる水は滞らず、健康への進化を共に歩む