<< 2016年12月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

自律神経失調症の整体
爽整体院
先生ってどんな人?
主な施術内容
回復・改善・症例
メニュー・地図


新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2016.12.20 21:45
スマホや携帯での表示はコチラ

同じ釜の飯

同じ釜の飯を食った仲間・・・日頃はあまり言わないけれど、何年かに一度は耳にする言葉です。

二浪もして入学した神戸商船大学(現在は神戸大になってます)は、
結局船乗りにはならなかったけれど僕の憧れでした。
そこでは寮生活をしていて、まさしく同じ釜の飯を食った仲間がいます。
先日、寮の同じ部屋の先輩、後輩と忘年会をしました。
オリンピックの年にやってるんで4年に一回の集まりです。

神戸市東灘区の深江にあった寮は、
南から新寮、南寮、中寮、北寮と3階もしくは4階建てで並んでします。
僕の部屋は中寮308号室。
各階に1号室から12号室まであって、
奇数が航海科、偶数が機関科・原子動力学科になっています。

一部屋4人で、原則1年から4年までで構成されています。
震災後に立て直した現在の寮は、
1部屋4人といってもそれぞれに個室があって、トイレとかシャワーもあるとか。。。
僕らの時代は、もちろん4人が一つの部屋でトイレは各階の共同で、銭湯のような風呂が寮全体で1つ。。。
あとプールと土俵も今はないようです。

部屋には手前にボンクという2段ベッドが左右に2つ。
何故ボンクというのかは知りませんが、船ではそう呼びます。
ただ、2段ベッドといってもベッドが置いてあるのではなく、
床から天井まで作り付けのごついベッドです。
上下さかさまになっても全く支障なく使えそうで、
それは船が揺れても微動だにしない作りになっています。

ボンクの向こうに机が4つあります。
ただし、1年から4年になるにしたがって机の大きさが違います。
1年と4年では倍くらい違ったと記憶しています。
もちろん元々の机は同じだったはずですが、後輩が出来ると
大きな厚いベニヤ板を打ち付けるのです。

防衛大ほどではないけれど、上下の関係は厳しいです。
床掃除も1年、ストーブの油を取りに行くのも1年、夜食にするご飯を確保するのも1年、誰かは参加しなければならない耐寒訓練に出るのも1年・・・
早く2年になりたかったものです。

今回は4人しか集まれませんでしたが、
寮にいた時と全く同じように話ができるのは、やっぱり同じ釜の飯を食ったからでしょう。

部屋には、扇風機も、もちろんエアコンもありません。
なので窓に阪神タイガースの旗をヨットの帆のように斜めに出して風を入れたこと・・・
無茶苦茶飲まされたこと・・・
真面目な先輩に勉強せえとよく怒られたこと・・・
朝食はいつもうどんで、安もんなのに美味しかったこと・・・
夜中でもやってる軽食のおでんの数をよく胡麻化したこと・・・
部屋ごとに回ってくる電話当番をしたこと・・・
朝までよくコイコイをしたこと・・・
風邪をひいた先輩に食事をボンクまで持っていったこと・・・
便所掃除もやったこと・・・
全くお金がないのに何故かよく飲んで騒いだこと・・・
先輩の遠洋航海の見送りに行ったこと・・・
滅茶苦茶しんどかったこともたくさんあるし、ここではとても書けないこともいっぱいあります。
しかし、どれもこれも今でも胸が熱くなるくらい懐かしい思い出です。

さて次回は2020年、東京オリンピックの年の予定です。
もう5回もやればほぼみんな80歳を超えます。
あと何回やれるのか・・・そんなことはわかりません。
最後に決まったのは、
次回は深江でやること、
そして顔を知らない中寮308号室の後輩を出来るだけたくさん参加させて、
この集まりをずっと続けていくことです。

同じ釜の飯・・・それは40年余りの歳月を一瞬でワープさせてくれるものだと思います。




2016年12月20日(火) 進化流水…流れる水は滞らず、健康への進化を共に歩む

1