デパスの効果と注意点


自律神経失調症の治療として辛い症状を和らげる薬で
病院で処方される「デパス」という抗不安薬があります。

デパスは、
精神をリラックスさせ不安や緊張を和らげ眠りやすくする、
持続時間が比較的短い薬で精神安定剤とも呼ばれています。

<出典:田辺三菱製薬株式会社 デパス/添付文書>
【効能・効果】
   ○神経症における不安・緊張・抑うつ・神経衰弱症状・睡眠障害
   ○うつ病における不安・緊張・睡眠障害
   ○心身症(高血圧症、胃・十二指腸潰瘍)における身体症候ならびに不安
    ・緊張・抑うつ・睡眠障害
   ○統合失調症における睡眠障害
   ○下記疾患における不安・緊張・抑うつおよび筋緊張
    頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛

【重要な基本的注意】
   ○眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下
   ○投薬中は自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事しないこと

【重大な副作用】
   ○依存性
   ○呼吸抑制
   ○悪性症候群
   ○横紋筋融解症
   ○間質性肺炎
   ○肝機能障害、黄疸

的確な投薬で気持ちが落ち着き、
過剰な緊張が緩和されて楽になる・・・
眠りの質も改善されて疲れも残らなくなる・・・
そうなれば自律神経失調症の辛い症状も緩和されていくと思います。

自律神経失調症はひとくくりでは言えない面もありますが、
間脳の中の視床下部の働きが悪くなっていることが大きな原因の一つです。

デパスの投薬効果で
結果として視床下部の機能が回復し、
自己治癒力が発揮できるレベルまで上がってきたら
辛い自律神経失調症から脱出できると思います。

そして回復に伴って薬を飲むことも必要なくなり、
自律神経バランスもホルモンバランスも正常になって健康を取り戻す・・・
こうなれば誠に結構なことです。
これが薬というものの本来の使われ方だと思います。

しかし、
今ひとつのところで自己治癒力が期待されるレベルまで
上がってこなかったとしたらどうでしょうか。

薬の手助けで心身ともにだいぶ楽になってきた・・・
もう少しと思っているときに嫌な出来事があって
もう一つ大きなストレスを抱え込んでしまったとしたらどうなるでしょうか。

薬は頑張ってくれているが自己治癒力は期待通りに上がらない・・・
気持ちも身体もまたしんどくなってきた・・・

本来有効であるはずの薬というものに、
注意が必要なのはそんなときだと思います。

そうです、
副作用でも報告されている「依存性」に注意が必要です。
長期間の服用によって、身体は薬に依存してしまうことがあります。

薬に依存してしまうということは、
いつまでも薬を止められないということです。

そしてそれは、
いつまでたっても自己治癒力が本来のレベルまで回復できないということです。

そしてさらに、
薬の宿命とも言うべき副作用が、
効果よりも大きくなってしまうということで、
これは眼に見えにくいながら凄く重要な注意点だと思うのです。

ですから私は、
ずっと薬を飲んでいるのに中々よくならない人や
薬を飲まないで何とか回復したいと思っている人に対して、
自己治癒力を底上げする整体によって
視床下部に本来の働きを取り戻し、
辛い自律神経失調症から回復してもらいたいのです。


体力アップ!薬のいらない体に!自律神経回復プログラムはこちら



自律神経失調症、頸椎症に整体 ご予約・お問い合せ

営業・アクセスマップ

大阪市旭区高殿2-8-38-414号 大きな地図で見る

●営業時間
水・木・土・日・祝日:午前9時30分〜午後7時
(※火曜は午後7時〜午後9時まで)
定休日:月曜、金曜

施術料:一律6,000円(税込)
※症状により70分〜2時間程度を予定下さい。

お問い合せ・ご予約専用フォーム
 ↓↓↓
こちらをクリックしてフォームから送信下さい

上記のフォームが使えない方は、
こちら sou-seitaiin@osaka.zaq.jp のメールから
直接ご連絡下さい。

施術中により電話に出られないことも多いため、
出来れば上記のメールからご予約・ご相談ください。

※メールが出来ない方は下記の番号におかけ下さい。

留守録になっている場合は、必ず整体施術のご用件であることと、
お名前と着信番号表示にしていただければ、
必ず折り返しお電話させていただきます。

メールが使えない方は下記番号まで
 080−6186−7089



自律神経失調症 頭痛 めまい 眼精疲労 眩しい 動機 立ちくらみ 低体温 冷え性 ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり) 不眠 慢性疲労 更年期障害  生理前緊張症(PMS) 頚椎症 肩こり 爪がガタガタ 腰痛 自己免疫疾患 喘息 アレルギー性疾患 不安解消 下痢 息切れ 握力低下