自律神経とやる気


「どうもやる気が出ない」ということは誰にでもあります。
社会生活を営んでいたら、サラリーマンでも主婦でも、学生でも
むしろよくあることではないでしょうか。
嫌なこと、やりたくないけれどやらなければならないこと・・・
やる気が出ない原因はいっぱいあります。
その反対に趣味など好きなことをやるときは、俄然やる気が出ます。

何故やる気が出たり、やる気になれなくなったりするのか?
それはやはり脳が関係しています。
もう少し詳しく言うと脳内の神経伝達物質が関係しています。

脳は大きくは分けて三層構造になっていて、
外側から、大脳新皮質 → 大脳辺縁系 → 視床下部
と構成されています。
大脳新皮質は「知性と理性」を受け持っている脳で、
物事を記憶したり、感じたり、考えたり、判断したり
という人間の精神活動そのものを行っています。

次に位置する大脳辺縁系は「情動」を受け持っている脳で、
食欲など本能的な欲求や、怒りや驚き、快いとか不快とかの
「喜怒哀楽」を含む生命活動を担っています。

そして、一番奥にある視床下部
自律神経の中枢であると同時に、
体温調整、ホルモン調節などの生命維持機能を司り、
それは生涯休むことなく自動的に行っているのです。

脳内のコントロールの一端を担っているのが
ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンという三大神経伝達物質です。

ドーパミンは快感を司っていて、やる気や集中力を高めてくれます。
好きなことをやるときはドーパミンが分泌されるので自然とやる気が出ます。

ノルアドレナリンは外部からもたらされる危険やストレスに対して、
経験上、最善の行動をとるために心身を臨戦態勢にしてくれます。
また意欲を高めてくれる神経伝達物質でもあると同時に、
過剰に分泌されると不安や恐怖、怒りに結び付くものでもあります。

セロトニンは精神を安定させ、リラックスさせてくれる神経伝達物質で、
幸福感をもたらすので幸せホルモンと呼ばれたりします。

不眠動悸 吐き気 不安がとれない 呼吸が浅い ホットフラッシュ など
自律神経失調症と言われる辛い症状は、
ストレスが重なって過剰な緊張が続いた結果、
自律神経の司令塔である視床下部が不調になったことが主な原因です。

そこから回復するには、まずは過剰な緊張をとることが重要です。
過剰に緊張しているということは交感神経が過剰に働いているということで、
心身ともにリラックスして副交感神経を優位にする・・・
それはセロトニンの分泌を促すことになって緊張は緩和され、
その結果、辛い症状から回復していくのです。

しかしながら、「何もかもやる気が出ない」という症状の場合は、
セロトニンの回復だけでなく、ドーパミンやノルアドレナリンも含めた
三大神経伝達物質のバランスがとれることが必要です。
なぜなら、三大神経伝達物質すべてが、やる気や意欲に関係しているからです。

それ故、
めまい や不眠などより軽く見られがちな「何もかもやる気がしない」という症状は
その回復に一番時間がかかるように思います。

ちょっとしたことに、単なるわがままから「やる気がしない」はいけませんが、
ずっと長い間、とにかく何もかもやる気がしない・・・
そんな時は、
自律神経バランスが乱れて視床下部が悲鳴を上げているのかも知れません。


体力アップ!薬のいらない体に!自律神経回復プログラムはこちら



自律神経失調症、頸椎症に整体 ご予約・お問い合せ

営業・アクセスマップ

大阪市旭区高殿2-8-38-414号 大きな地図で見る

●営業時間
水・木・土・日・祝日:午前9時30分〜午後7時
(※火曜は午後7時〜午後9時まで)
定休日:月曜、金曜

施術料:一律6,000円(税込)
※症状により70分〜2時間程度を予定下さい。

お問い合せ・ご予約専用フォーム
 ↓↓↓
こちらをクリックしてフォームから送信下さい

上記のフォームが使えない方は、
こちら sou-seitaiin@osaka.zaq.jp のメールから
直接ご連絡下さい。

施術中により電話に出られないことも多いため、
出来れば上記のメールからご予約・ご相談ください。

※メールが出来ない方は下記の番号におかけ下さい。

留守録になっている場合は、必ず整体施術のご用件であることと、
お名前と着信番号表示にしていただければ、
必ず折り返しお電話させていただきます。

メールが使えない方は下記番号まで
 080−6186−7089



自律神経失調症 頭痛 めまい 眼精疲労 眩しい 動機 立ちくらみ 低体温 冷え性 ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり) 不眠 慢性疲労 更年期障害  生理前緊張症(PMS) 頚椎症 肩こり 爪がガタガタ 腰痛 自己免疫疾患 喘息 アレルギー性疾患 不安解消 下痢 息切れ 握力低下