自律神経と脳幹


自律神経の中枢は、間脳の中にある視床下部です。
そして間脳の下に位置する脳幹という組織も
人が生きていく上で大変重要な機能を受け持っています。

脳幹は上から、
間脳、中脳、橋、延髄と大きく四つに分類されています。
脳幹の定義で狭義のものは間脳を別にして
中脳以下の三つを指す場合もあるようですが、
ここでは間脳を含めたものを脳幹として話をしたいと思います。

さて脳幹の役割です。
大脳(大脳新皮質、大脳辺縁系)に覆われている間脳は、
視床、視床下部に分けられ、
特に視床下部は自律神経の中枢として、
・交感神経と副交感神経の制御
・体温調整
・ホルモンバランス
・睡眠と覚醒制御
など生命維持にとって重要な仕事を休むことなく自動的に行っています。

間脳の下に位置する中脳は、
大脳と脊髄、小脳などの中継をしながら
視覚や聴覚に関する反射、身体の平衡などの中枢でもあります。
また、動眼神経など眼球運動を司る神経にも関係しています。

そしてその下に位置する橋は、
大脳から出る運動命令を小脳へ伝えるなど小脳との連絡を受け持っています。
小脳から出た組織が脳幹の一部を包み込むように盛り上がって見えることから
橋と命名されたようです。

そして一番下に位置する延髄は、
脊髄の上にあり、
大脳、間脳、中脳からの情報を末梢部に伝え、
また脊髄からの情報を返すという機能を受け持っています。
自律神経的には、
呼吸の調整や血管の収縮拡張、心臓の脈拍などの中枢でもあります。

つまり脳幹は、
大脳と脊髄の間の情報処理を行いながら、
生命維持に必要な重要な機能を司っている組織と言えます。

そして脳幹は、
脊髄と共に、頸椎とも密接に関係していることから、
最初は単なる首こりだけであっても
同時に継続的なストレスによって心身ともに緊張状態が続いた場合、
脳幹の機能も低下し、その結果、
めまい 動悸 冷え性 眩しい 不安がとれない 呼吸が浅い 不眠など
自律神経失調症と言われる不快な症状を発症する場合があります。

自律神経系の不調から回復するには、
自律神経の中枢である視床下部が元気になることが必要です。
そして視床下部を元気にするには、
視床下部を含む脳幹全てに対して、
血流と脳脊髄液 の循環改善が必須です。

それ故、頸椎(特に上部頸椎)の改善も必須で、
それら全てが真の中立位(ニュートラル)になったとき、
心と身体は緊張から解放され、
自己治癒力の発動とともに自ら健康へと向かっていくのです。


体力アップ!薬のいらない体に!自律神経回復プログラムはこちら



自律神経失調症、頸椎症に整体 ご予約・お問い合せ

営業・アクセスマップ

大阪市旭区高殿2-8-38-414号 大きな地図で見る

●営業時間
水・木・土・日・祝日:午前9時30分〜午後7時
(※火曜は午後7時〜午後9時まで)
定休日:月曜、金曜

施術料:一律6,000円(税込)
※症状により70分〜2時間程度を予定下さい。

お問い合せ・ご予約専用フォーム
 ↓↓↓
こちらをクリックしてフォームから送信下さい

上記のフォームが使えない方は、
こちら sou-seitaiin@osaka.zaq.jp のメールから
直接ご連絡下さい。

施術中により電話に出られないことも多いため、
出来れば上記のメールからご予約・ご相談ください。

※メールが出来ない方は下記の番号におかけ下さい。

留守録になっている場合は、必ず整体施術のご用件であることと、
お名前と着信番号表示にしていただければ、
必ず折り返しお電話させていただきます。

メールが使えない方は下記番号まで
 080−6186−7089



自律神経失調症 頭痛 めまい 眼精疲労 眩しい 動機 立ちくらみ 低体温 冷え性 ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり) 不眠 慢性疲労 更年期障害  生理前緊張症(PMS) 頚椎症 肩こり 爪がガタガタ 腰痛 自己免疫疾患 喘息 アレルギー性疾患 不安解消 下痢 息切れ 握力低下