自律神経と視床下部


何らかの原因で自律神経の調子が悪くなることから心身が不調になる・・・
一般的にはそれが自律神経失調症と言われているもので、
その際の色んな不調を不定愁訴と言います。

では、自律神経とは何なのでしょうか。

人体の神経は「中枢神経」と「末梢神経」に大別されます。
中枢神経は「脳」と「脊髄」のことです。
末梢神経は「体性神経」と「自律神経」に分けられます。
体性神経は運動や知覚などに関する意識できる神経です。

そして自律神経は生きていく上で必要な呼吸器、消化器や循環器などの活動を
休みなく自動的かつ無意識に調整している神経で、
「交感神経」と「副交感神経」があります。

交感神経は昼間や咄嗟の場合などに身体を活動的にする神経で、
副交感神経は夜間や安静時などに身体を休息させたり消化を促進する神経です。

自律神経とはこの交感神経と副交感神経のことを指し、
自律神経失調症で言うところの「自律神経バランス」とは
「交感神経と副交感神経のバランス」のことに他なりません。

継続的なストレスなどによって心身ともに緊張状態が続いた場合、
交感神経が過剰に働いてしまい、
副交感神経とのバランスが崩れ、
眠れなくなったり、動悸がしたりするのが自律神経失調症です。

では、交感神経と副交感神経はどこにあるのでしょうか。

自律神経は生命維持のための神経なので全身に張り巡らされています。
そして自律神経の中枢としてコントロールしているところが、
頭の中の「視床下部」という親指の先ほどの小さな脳の中にあります。

視床下部は同じく生命維持に欠かせない「脳幹部」である中脳、橋、延髄の上に位置する
間脳の中にあります。

自律神経失調症から回復し、
不定愁訴から解放されるためには
交感神経と副交感神経のバランスを取り戻すことが必要です。

そのためには、自律神経の中枢である視床下部が
本来のゆったりとした仕事ができるようになることが大切です。

頭の奥深くに位置する視床下部を元気にするためには、
頭部への血流改善が必須です。
リンパや脳脊髄液 の循環改善も必要です。

そのためには辛い状態になった経緯などをよくお聞きした上で、
血液などの循環不良の原因を考え、
拘縮した筋肉の回復や頭蓋骨の動きを改善したりすることが必要です。

自律神経失調症に対する整体は、
心と身体の両方を対象に総合的に行うものと私は考えます。

ただし、人はひとり一人みな違います。
ましてや自律神経はその人の無意識下で自動的に働くものです。

ですから施術に際しては施術者が勝手に決めたことをするのではなく、
その人の身体システムに寄り添う姿勢がとても重要なのです。


体力アップ!薬のいらない体に!自律神経回復プログラムはこちら



自律神経失調症、頸椎症に整体 ご予約・お問い合せ

営業・アクセスマップ

大阪市旭区高殿2-8-38-414号 大きな地図で見る

●営業時間
水・木・土・日・祝日:午前9時30分〜午後7時
(※火曜は午後7時〜午後9時まで)
定休日:月曜、金曜

施術料:一律6,000円(税込)
※症状により70分〜2時間程度を予定下さい。

お問い合せ・ご予約専用フォーム
 ↓↓↓
こちらをクリックしてフォームから送信下さい

上記のフォームが使えない方は、
こちら sou-seitaiin@osaka.zaq.jp のメールから
直接ご連絡下さい。

施術中により電話に出られないことも多いため、
出来れば上記のメールからご予約・ご相談ください。

※メールが出来ない方は下記の番号におかけ下さい。

留守録になっている場合は、必ず整体施術のご用件であることと、
お名前と着信番号表示にしていただければ、
必ず折り返しお電話させていただきます。

メールが使えない方は下記番号まで
 080−6186−7089



自律神経失調症 頭痛 めまい 眼精疲労 眩しい 動機 立ちくらみ 低体温 冷え性 ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり) 不眠 慢性疲労 更年期障害  生理前緊張症(PMS) 頚椎症 肩こり 爪がガタガタ 腰痛 自己免疫疾患 喘息 アレルギー性疾患 不安解消 下痢 息切れ 握力低下