自律神経失調症と天気


天気によって体調が違うと感じる方は多いと思います。
体調は悪くなくても天気が悪いと気分が憂鬱になって
体調も優れないように感じる場合もありますが、
頭痛 めまい がする、じんましんが出る、関節が痛くなるなど
不快な症状に悩まされる場合があります。

「気象病」とか「天気痛」とも言われるこれらの症状は、
天気の変化に身体の対応が追いつかないことが一つの要因です。

天気の変化とは、
気温の変化、気圧の変化、湿度の変化のことです。

簡単な一例ですが、
気温が高くなって海水や空気が温められる・・・
それらは水蒸気となって上に上がっていく・・・
そうすると地上では空気が少なくなるので低気圧になる・・・

気圧が下がったことを検知した身体は、
副交感神経を優位にする・・・
身体は休息モードになる・・・
そうするとリラックスでき、排泄機能や分泌は高まるが、
その代わり疲労感は増し、意欲は低下する。

そして同時に、
身体を取り巻く大気が低気圧になるということは、
身体の細胞の水分が圧力の低い外に向かおうとする・・・
そうすると血管は拡張し、血圧が下がり、
頭痛や喘息を発症したりする。

気温や湿度の変化に対して
体温調整をコントロールしているのは
頭部の奥に位置する視床下部という小さな脳です。

視床下部は体温調整以外にも、
自律神経である交感神経と副交感神経のコントロール、
ホルモンや睡眠のコントロールなどを自動的に行っています。

視床下部は天気の変化に対しても
常に身体が最適になるよう日夜頑張っているのですが、
もしも首や肩がこり過ぎていたり、
精神的なストレスが気持ちをがんじがらめにしているとしたら・・・
頭部に新鮮な血液が不足する・・・
リンパや脳脊髄液 の循環も悪くなる・・・

そうすると視床下部は、
窮屈になって十分に機能を発揮できなくなる・・・
その結果、低気圧がもたらす頭痛や喘息だけでなく、
吐き気 ふらつき 立ちくらみ 不安がとれない 生理前緊張症(PMS) など
他の自律神経失調症の辛い症状が出てくることがあるのです。

天気が悪くなることがいけないのではなく、
天気の変化に身体が追随できないくらい視床下部が疲れていることが問題なのです。

自律神経系の整体は、
疲れきった視床下部の機能を回復するために、
頭部と頸部への血流改善、
リンパの流れの改善、
脳脊髄液の産生・循環・排出機能改善をするものです。

視床下部が元気になると、
自律神経バランスも保たれ、
天気が変化したくらいでは
体調が悪くなることはなくなってくると思います。


体力アップ!薬のいらない体に!自律神経回復プログラムはこちら



自律神経失調症、頸椎症に整体 ご予約・お問い合せ

営業・アクセスマップ

大阪市旭区高殿2-8-38-414号 大きな地図で見る

●営業時間
水・木・土・日・祝日:午前9時30分〜午後7時
(※火曜は午後7時〜午後9時まで)
定休日:月曜、金曜

施術料:一律6,000円(税込)
※症状により70分〜2時間程度を予定下さい。

お問い合せ・ご予約専用フォーム
 ↓↓↓
こちらをクリックしてフォームから送信下さい

上記のフォームが使えない方は、
こちら sou-seitaiin@osaka.zaq.jp のメールから
直接ご連絡下さい。

施術中により電話に出られないことも多いため、
出来れば上記のメールからご予約・ご相談ください。

※メールが出来ない方は下記の番号におかけ下さい。

留守録になっている場合は、必ず整体施術のご用件であることと、
お名前と着信番号表示にしていただければ、
必ず折り返しお電話させていただきます。

メールが使えない方は下記番号まで
 080−6186−7089



自律神経失調症 頭痛 めまい 眼精疲労 眩しい 動機 立ちくらみ 低体温 冷え性 ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり) 不眠 慢性疲労 更年期障害  生理前緊張症(PMS) 頚椎症 肩こり 爪がガタガタ 腰痛 自己免疫疾患 喘息 アレルギー性疾患 不安解消 下痢 息切れ 握力低下