膝の痛み・・・<症例考察>


膝の痛みは色々な原因で起きますが、その中で膝に水がたまって痛くなる症状について考えてみます。「膝に水がたまる」というのは正式には「関節水腫」といい、たまるのは水ではなく無色透明な「関節液」という少し粘り気がある液体です。関節液は滑液とも言われ、それは関節を滑らか且つ弾力をもって動くようにすると共に関節軟骨に栄養を与えるという役目もあります。関節液は滑膜で再生と吸収を繰り返し、大腿骨と脛骨の圧力などの変化に追随しながら一定のバランスを保っています。
関節水腫になると、膝の膝蓋骨(お皿)の上側がブヨっと腫れたり、膝に激しい痛みを感じたりします。その直接の原因は、関節内に炎症が起こった場合や半月板や関節軟骨の損傷、細菌感染などがあります。細菌感染や半月板の損傷、関節の激しい変形などでは外科的・内科的な処理が必要な場合もありますのでまずは専門医に診てもらうことも大切です。

加齢に伴う関節軟骨の磨り減りやスポーツのし過ぎなどから関節水腫になっている場合は、良くなってもまた直ぐに水がたまって痛みが出てくることが多いようです。
膝に水がたまった場合、水を抜くべきである・・・いや水を抜いたら癖になるので抜くべきではない・・・という考え方の違いはお医者様でも良くあるようです。
「水を抜くべき」と考えるのは、関節液が異常に産生されて関節内の圧力が上がる・・・そうすると関節の仕組みそのものが不安定になる・・・痛みも伴うので筋肉は緊張する・・・血流が悪くなる・・・さらに動かせないので体液循環も悪くなる・・・だから水を抜いてまずは痛みを減らして動けるようにして血液・体液の循環を回復させていく・・・概ねそういう論理だと思います。
そして「水を抜いたら癖になるので抜くべきではない」と考えるのは、水はたまる必要があるからたまっているので、それを無理やり抜いても本当の原因が解決しない限りまたたまることになる・・・関節内の炎症を抑えていけば自然に水は吸収されていく・・・細部の解釈は違うかも知れませんが概ねこういう論理だと思います。

どちらが正しいのでしょうか。私は医者ではありませんので偉そうなことは言えませんが、実はどちらも論理的には正しいと思います。膝がパンパンになっていて痛ければとても動かせないでしょうし、また炎症が取れないなら水はまたたまると思います。しかし一時的にせよ水を抜いて動かせることができたなら血液・体液循環によって炎症は治まっていくとも考えられるし、逆に水がたまっていることで関節軟骨が当たっているのを緩和して炎症は治まっていくとも考えられると思うからです。
結局、その人の新陳代謝や自己治癒力、筋力、痛みが出てからの経過時間などによって状況は違うので、水を抜いて回復する場合もあるし、抜いてもまた直ぐにたまる場合もあるということだと私は思います。

ここからは私の経験上の考えなのですが、膝に水がたまる場合には膝関節の靭帯(内側、外側、前後)が弛んでいることが多いように思うのです。そしてその根本の原因は膝の使い過ぎや歪み、外傷だけでなく股関節や骨盤さらには頸椎の緊張などからきていることもあると思います。
何らかの炎症が起こったときにその炎症に関係した靭帯が弛んでいると、関節内が絞まっていない状態なので関節液を産生しても、もうこれでいいという量で止まらない・・・その結果パンパンになってしまうのではないか・・・あくまで私の推測ですがそう考えています。
関節内の圧力が増すので膝が不安定になって靭帯も弛まざるを得ないとも考えられますが、膝関節の靭帯がピシッと本来の絞まった状態は、血液・体液の循環回復だけでなく、関節液の産生・吸収バランスを取り戻すことに大きく関与していると私は考えます。そしてその上で自己治癒力を上げることで炎症の緩和と回復をしていくことが重要だと思うのです。

膝が痛い場合は仙骨や腰椎、さらに頸椎などにも少なからず影響を与えています。膝の靭帯にも重きを置きますが人体は膝だけが独立しているのではありません。ですから「中立位の整体」を膝に対して行いながら、必要に応じて頚椎(特に上部頚椎)なども施術し、「頭蓋仙骨療法」を併用することによって身体の深奥部である硬膜管をも含めた脳脊髄液の産生・循環・排出改善を行うことで本来の『自己治癒力』を底上げしていくことは非常に大切なことだと思うのです。

膝は毎日使うものです。膝が痛いと行動が制限されるだけでなく気持ちも沈みがちです。痛みはストレスを生みますのであまりにひどいと自律神経系にも影響します。先に述べたように細菌感染や目に見えてかなり変形してしまっている場合などは専門医の治療が必要ですが、歳だから仕方がない・・・運動は控えるように・・・水がたまったらまた抜きましょう・・・ヒアルロン酸を注射するので良くなるはず・・・これで回復していくのならそれでいいのです。しかしそう言われてもいつまでたっても全くよくならない場合、『自己治癒力』を基本に考える整体を一度試してみてはいかがでしょうか。



自律神経失調症、頸椎症に整体 ご予約・お問い合せ

営業・アクセスマップ

大阪市旭区高殿2-8-38-414号 大きな地図で見る

●営業時間
水・木・土・日・祝日:午前9時30分〜午後7時
(※火曜は午後7時〜午後9時まで)
定休日:月曜、金曜

施術料:一律6,000円(税込)
※症状により70分〜2時間程度を予定下さい。

お問い合せ・ご予約専用フォーム
 ↓↓↓
こちらをクリックしてフォームから送信下さい

上記のフォームが使えない方は、
こちら sou-seitaiin@osaka.zaq.jp のメールから
直接ご連絡下さい。

施術中により電話に出られないことも多いため、
出来れば上記のメールからご予約・ご相談ください。

※メールが出来ない方は下記の番号におかけ下さい。

留守録になっている場合は、必ず整体施術のご用件であることと、
お名前と着信番号表示にしていただければ、
必ず折り返しお電話させていただきます。

メールが使えない方は下記番号まで
 080−6186−7089



自律神経失調症 頭痛 めまい 眼精疲労 眩しい 動機 立ちくらみ 低体温 冷え性 ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり) 不眠 慢性疲労 更年期障害  生理前緊張症(PMS) 頚椎症 肩こり 爪がガタガタ 腰痛 自己免疫疾患 喘息 アレルギー性疾患 不安解消 下痢 息切れ 握力低下