脳脊髄液の産生〜循環〜排出について


<硬膜管>
脳と脊髄はそれらを保護するための「髄膜」に覆われています。髄膜は3層構造になっていて外側からそれぞれ「硬膜」「クモ膜」「軟膜」と言います。
一番外側の「硬膜」は膠原繊維をたくさん含んだ強靭な膜で、頭蓋内では右脳と左脳や小脳の移動を保護するための「大脳鎌」や「小脳テント」と呼ばれる鎌状の仕切り構造を持ち、脊髄を覆う形で仙骨まで続いています。管状になっているのでオステオパシーでは「硬膜管」と言うときがありますが、頭蓋から脊髄を覆うおたまじゃくしのような形をした強靭な膜です。
二番目の「クモ膜」は細かい繊維をもつもので、これら繊維の間に血管とクモ膜下腔という空間があります。よく知られている「クモ膜下出血」はクモ膜の血管が破れて急激に血液が溜まってしまい、その結果脳が圧迫されて色々な神経障害を起こすものです。
三番目の「軟膜」は非常に薄い膜で脳と脊髄に沿って柔らかく接するように覆っています。



<脳脊髄液の役割>
脳脊髄液は脳室内とクモ膜下腔に満たされている無色・無臭の液体で、外からの衝撃から脳・脊髄を守る役割の他に必要とする栄養などを運んだり、老廃物を除去したりする役割があります。
脳脊髄液の量は、成人で100〜150mlあり、絶えず産生〜循環〜排出を繰り返しています。健康体での産生量は一日約500mlですので一日の内に3回〜4回入れ替わっていることになります。



<頭蓋骨はわずかに動く>
脳脊髄液は、主に頭蓋内の脳室(側脳室、第三脳室、第四脳室)の脈絡叢というところで産生され、循環し、クモ膜顆粒や毛細血管から静脈系に排出されます。またリンパ管にも吸収されるという説もあります。
脳脊髄液が硬膜管内で循環することによって、前頭骨・頭頂骨・蝶形骨・側頭骨・後頭骨などの骨は目では分からない微細さですがお互いに歯車のように動いています。
何らかの原因で頸椎などを痛めた場合、頸椎の神経根の圧迫による腕や手の痺れという症状が出たりしますが、同時に頸椎の硬膜管も捩れたり癒着したりする場合があって、歯車のように正常に動いていた骨の動きが悪くなったり、脳脊髄液自体の産生や排出が悪くなって不定愁訴を発症する場合もあるのです。
ですからオステオパシーなどでは、頸椎などの筋肉の拘縮改善だけでなく脳脊髄液の循環調整も併せて施術する場合が多いのです。



<脳脊髄液の排出が悪いと・・・>
脳脊髄液は絶えず産生〜循環〜排出されているのですが、硬膜管はある程度密閉されたものですので例えば排出機能が悪ければ脳脊髄液の圧力が上がって脳圧亢進となり思わぬ不調がでてきたりする場合があります。

・脳脊髄液の排出不全  ⇒ 脳圧亢進
             ⇒ 脳や脳室を圧迫
              ⇒ 脳脊髄液の産生・循環低下
               ⇒ 脳内への血液供給不足
                ⇒ 脳・中枢神経栄養供給不足
                 ⇒ 脳・中枢神経老廃物除去不良
                  ⇒ 脳・中枢神経の回復不良

をもたらし、その結果、視床下部など自律神経系の不調から不眠、動悸、冷性を引き起こしたり、やがてはホルモンバランスが崩れたりし、免疫力自体の低下を招く一因になる場合もあるのです。



<心と身体は一つ>
ですからストレスからきた単なる肩こりと思える症状でも慢性的で重い場合は硬膜管にも影響している場合が多く、脳脊髄液の産生〜循環〜排出にも何らかの悪影響を及ぼしていることがあります。肩が凝ったから肩だけを改善すればいい・・・極初期の軽い場合はそれで回復できるかもしれませんが特に慢性的になっている場合は、一つの悪い力は他のところも引きずり込んでいることが多いと思います。何故なら「身体」の組織は全て一つにつながっているからです。いや「身体」だけではありません。体調が悪い時に嫌なことが起こったとしたら「心」もめげてしまい、ただでさえ辛い「身体」をさらにしんどくしてしまうこともあるでしょう。「心」と「身体」もまた一つだからです。



<施術>
当整体院では症状に合わせて筋肉の拘縮改善なども行いますが併せて「中立位の整体」や「頭蓋仙骨療法」によって脳脊髄液の産生〜循環〜排出の改善を行い、「心」と「身体」の両方を対象に、極めて深いリラックスを得られるよう施術します。
深いレベルのリラックスによって身体の一番奥から心身共にニュートラルになることができたなら、本来誰でも持っている『自己治癒力』を発揮できる自分を取り戻し、辛い症状の改善だけでなく健康の貯金を増やしていくことができるのです。



自律神経失調症、頸椎症に整体 ご予約・お問い合せ

営業・アクセスマップ

大阪市旭区高殿2-8-38-414号 大きな地図で見る

●営業時間
水・木・土・日・祝日:午前9時30分〜午後7時
(※火曜は午後7時〜午後9時まで)
定休日:月曜、金曜

施術料:一律6,000円(税込)
※症状により70分〜2時間程度を予定下さい。

お問い合せ・ご予約専用フォーム
 ↓↓↓
こちらをクリックしてフォームから送信下さい

上記のフォームが使えない方は、
こちら sou-seitaiin@osaka.zaq.jp のメールから
直接ご連絡下さい。

施術中により電話に出られないことも多いため、
出来れば上記のメールからご予約・ご相談ください。

※メールが出来ない方は下記の番号におかけ下さい。

留守録になっている場合は、必ず整体施術のご用件であることと、
お名前と着信番号表示にしていただければ、
必ず折り返しお電話させていただきます。

メールが使えない方は下記番号まで
 080−6186−7089



自律神経失調症 頭痛 めまい 眼精疲労 眩しい 動機 立ちくらみ 低体温 冷え性 ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり) 不眠 慢性疲労 更年期障害  生理前緊張症(PMS) 頚椎症 肩こり 爪がガタガタ 腰痛 自己免疫疾患 喘息 アレルギー性疾患 不安解消 下痢 息切れ 握力低下