気象病・・・<症例考察>


天気によって体調や気分が違うことは誰にでもあると思います。
ここでいう天気とは主に気温と気圧です。
夏の暑さは我慢できない・・・
冬の寒さは耐えられない・・・
程度の差こそありますが暑さ寒さもあまりに厳しいとしんどいものです。

しかしそういったしんどさとは違って、
昨日より5度も気温が下がった・・・
ずっと天気がよかったのに今日は朝から曇ってる・・・
というように天気の変化が大きいときに、
頭痛 ふらつき 動悸 イライラする 立ちくらみ 首こり 吐き気 など
自律神経の不調からくる症状を発症する場合があります。

気象病といわれるこれら体調と気持ちの不調は、
天気の変化に上手く対応できていないことから起こります。

人の身体は気温が上がって暑ければ汗を出して体温を下げます。
この体温調整は間脳の中の視床下部という小さな脳が行っています。
また天気が悪くなって気圧が下がったときは血管が拡張します。
血管が拡張するというのは緊張から収縮するのとは反対なので
リラックスできる状態とも言えますが、
交感神経と副交感神経のバランスが乱れた場合は何もやる気がなくなったり、
集中力が全くなくなったりする場合もあるのです。

視床下部は体温調整や自律神経バランスだけでなく、
睡眠の制御、ホルモンバランス、満腹と摂食の制御など
生命維持に関する重要な機能を自動的に休むことなく担っています。

日本には四季がありますので必然的に気温の変化はあります。
春から夏に向かって気温が上がってくる場合など
少しずつ気温が上がってくるので暑さは感じても、
普通の健康状態なら自律神経系の不調はまず起こりません。

しかし朝晩の寒暖差が激しいとか、
暑い日と寒い日を繰り返すようなときは、
視床下部は普段より体温調整で忙しくなります。
もちろん視床下部が頑張れるから体調は維持できるのですが、
もし、大きなストレスを抱え込んでいたとしたら・・・
そのストレスは定常的にずっと受けているとしたら・・・
何とかしのいでいるのにもう一つ嫌なことが重なったとしたら・・・
ストレスに対応するために視床下部は過酷なまでに働かなければなりません。

そんな状態のときは視床下部に余裕がなく、
気温の変化が少し激しいだけで自律神経バランスが乱れることがあります。
またそんな時に生理と重なったとしたら、
さらにホルモンバランスを調整する仕事も増えてしまいます。
その結果、視床下部は十分に機能を果たすことができなくなって、
体温調整が上手くいかずにのぼせたり、
不眠になったり、めまい がしたり、
生理不順に陥ったりすることがあります。

恒常的なストレスは緊張を生みます。
それが過ぎると交感神経が過剰に優位になります。
それはストレスによって脳が疲れるということで必然的に視床下部も疲れます。

過剰な緊張を取り除くには、
まず視床下部が元気になることが必須です。

当整体院では中立位の整体などで、
頚椎を含む頭部への血流改善に加えて脳脊髄液 の循環を改善します。
その結果、
視床下部が本来の働きを取り戻し、
少しくらい天気の変化があっても気象病は過去のものとなり、
辛い自律神経系の不調はなくなってくるのです。



自律神経失調症、頸椎症に整体 ご予約・お問い合せ

営業・アクセスマップ

大阪市旭区高殿2-8-38-414号 大きな地図で見る

●営業時間
水・木・土・日・祝日:午前9時30分〜午後7時
(※火曜は午後7時〜午後9時まで)
定休日:月曜、金曜

施術料:一律6,000円(税込)
※症状により70分〜2時間程度を予定下さい。

お問い合せ・ご予約専用フォーム
 ↓↓↓
こちらをクリックしてフォームから送信下さい

上記のフォームが使えない方は、
こちら sou-seitaiin@osaka.zaq.jp のメールから
直接ご連絡下さい。

施術中により電話に出られないことも多いため、
出来れば上記のメールからご予約・ご相談ください。

※メールが出来ない方は下記の番号におかけ下さい。

留守録になっている場合は、必ず整体施術のご用件であることと、
お名前と着信番号表示にしていただければ、
必ず折り返しお電話させていただきます。

メールが使えない方は下記番号まで
 080−6186−7089



自律神経失調症 頭痛 めまい 眼精疲労 眩しい 動機 立ちくらみ 低体温 冷え性 ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり) 不眠 慢性疲労 更年期障害  生理前緊張症(PMS) 頚椎症 肩こり 爪がガタガタ 腰痛 自己免疫疾患 喘息 アレルギー性疾患 不安解消 下痢 息切れ 握力低下