胸の圧迫感・・・<症例考察>


症状として、胸の圧迫感を訴える方は比較的多くおられます。
同時に、息がしにくい、呼吸が浅いという表現をされることも多いのですが、
呼吸だけの問題ではないように感じます。
横隔膜の制限に関係が深い呼吸の問題は、「呼吸が浅い 」で書きました。
ここではそれとも関係しながらももう少し胸自体の圧迫感について述べたいと思います。

胸に圧迫感を持つというのは
肋骨に制限があったり、
胸椎や腰椎、骨盤にその原因がある場合もあるのですが
胸骨の制限が一番多いように思います。

あくまで私が行った施術の経験上なので
医学的に正しいかなどは正確にはわかりませんが
元々の原因が肋骨であったり骨盤にあったりしても
胸骨や胸骨周辺にその影響が集約されるように感じるのです。

胸骨は、
胸骨柄、胸骨体、剣状突起の3つで構成されていて
鎖骨や肋骨と連結しています。

もちろん人間の身体は骨や筋肉、腱や靭帯、皮膚など
その全てがつながっていて互いに影響し合っていますので
胸骨だけが原因ということはないのですが、
胸の圧迫感を訴える方は必ずと言っていいほど
胸骨とその周辺が大変硬く感じます。

胸骨自体は自由に動き回ることはないので
硬いといっても動きが悪いという感じではありません。
身体の中央に位置していることもあって
連結している骨や靭帯、筋肉のひずみを受けて
見た目は正常なようでもその内部では複雑な力がかかっていると思います。

胸骨とその周辺が硬いと感じた場合、胸骨のリリースを行います。
手のひらの手根部と指先を用いて靭帯と関節をリリースするのです。

この施術を行ったとき、
ほとんどの方が「フーーー」と実に気持ちよさそうな息をされます。
温泉に入ったときの第一声のようで施術している私も嬉しくなります。

呼吸が浅い、息が吸いにくいようなときは
まずは大きく息を吐く・・・
そうすれば息が自然に入ってくるのですが
そのことでガチガチになっている胸骨もある程度解放されるのかも知れません。

不眠めまい 動悸 眼精疲労 不安がとれない 倦怠感 などの
自律神経失調症と言われる辛い症状をお持ちの方は
呼吸が楽にできていないことが多いと思います。
そして呼吸だけでなく胸骨自体の制限が大きくなって
胸の圧迫感を覚えるようになっているとしたら
自ら努力する呼吸だけで回復するのは少し難しいかも知れません。

胸の圧迫感とともに自律神経系の不調がある場合、
首周りや身体前面の緊張を取りながら
胸骨のリリースを行い、
合わせて中立位の整体などを併用することによって、
頭部への血液供給を回復して自律神経バランスを整え、
身体の深奥部である硬膜管をも含めた脳脊髄液の産生・循環・排出改善を行うことで
健全な呼吸を取り戻すとともに胸の圧迫感から解放されるのです。



自律神経失調症、頸椎症に整体 ご予約・お問い合せ

営業・アクセスマップ

大阪市旭区高殿2-8-38-414号 大きな地図で見る

●営業時間
水・木・土・日・祝日:午前9時30分〜午後7時
(※火曜は午後7時〜午後9時まで)
定休日:月曜、金曜

施術料:一律6,000円(税込)
※症状により70分〜2時間程度を予定下さい。

お問い合せ・ご予約専用フォーム
 ↓↓↓
こちらをクリックしてフォームから送信下さい

上記のフォームが使えない方は、
こちら sou-seitaiin@osaka.zaq.jp のメールから
直接ご連絡下さい。

施術中により電話に出られないことも多いため、
出来れば上記のメールからご予約・ご相談ください。

※メールが出来ない方は下記の番号におかけ下さい。

留守録になっている場合は、必ず整体施術のご用件であることと、
お名前と着信番号表示にしていただければ、
必ず折り返しお電話させていただきます。

メールが使えない方は下記番号まで
 080−6186−7089



自律神経失調症 頭痛 めまい 眼精疲労 眩しい 動機 立ちくらみ 低体温 冷え性 ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり) 不眠 慢性疲労 更年期障害  生理前緊張症(PMS) 頚椎症 肩こり 爪がガタガタ 腰痛 自己免疫疾患 喘息 アレルギー性疾患 不安解消 下痢 息切れ 握力低下