倦怠感・・・<症例考察>


「倦怠感」という言葉は、比較的一般的に使われていると思います。軽い場合は何となくだるい時や、全身がだるくて何もやる気がしないような時に使われると思います。同じような言葉に「疲労感」というのがありますが、疲労感は主に筋肉などの使い過ぎなどによる身体の疲労を指すのに対して、「倦怠感」は特に何も思い当たることがないのに心身共に疲れているような場合を指すのが多いようです。もちろん疲労感にも精神的なしんどさは含まれると思いますが、倦怠感はそれがより多いことと、全身的であることが特徴だと思います。

通常の休養をしても肉体的・精神的なしんどさがなかなか回復しないで身体のいろんなところがどんどん辛くなってきたり、気持ちも沈みがち・・・そんな状態になってしまうのが慢性疲労だという話は「慢性疲労(1)」で書きました。また、慢性疲労は耐え難い辛い状態からとりあえず逃げるために心身ともににぶくしていく「にぶさのベール」を何枚も被ってしまった結果とも考えられることは「慢性疲労(2)」で述べました。ここでは、似ているようで少し違う「倦怠感」というもの・・・特に思い当たることがないのに全身的にだるく、何もする気が起きないような症状を考えてみたいと思います。

風邪をひいたりして身体がだるくなって、気分も落ち込んでいるようなときも「倦怠感」を感じます。一般的に風邪をひく時は免疫力が落ちている・・・眠りが浅い・・・血流も悪く代謝が悪い・・・その為に回復力も低く、心身共に不調が続いて「倦怠感」を感じることになろうかと思います。しかし通常は自己治癒力によってやがては血流も代謝も回復して不快な風邪の症状も治っていくのが健康体です。しかし、そうはならないで何ヶ月も「倦怠感」に悩まされる場合があります。

「倦怠感」は慢性疲労にも似ているし自律神経的にはオーバーラップしていることも多いと思いますが、呼び方が似ていながら違う「慢性疲労症候群」にも関係しているようです。慢性疲労症候群は、健康に生活をしていた人が例えば風邪をひいたことをきっかけに全身に渡る異常な「倦怠感」や、筋肉痛、関節痛、頭痛、微熱、抑うつ状態などが6ヶ月以上も続く場合のことを言いますが、正確な原因は解明されていないようです。また脳腫瘍などの重篤な疾患が原因の場合もありますので、その場合は専門医の診察が必要です。

しかしながら大阪市立大学などの研究チームで、脳内の血流不足などで代謝が落ちていること、脳内の視床、中脳、橋、海馬などでの炎症が多いことが原因のひとつではないかという研究がされています。もちろん医学者ではない私が、そのことだけで原因と決めてしまうことなどできませんし、慢性疲労とは似て非なる慢性疲労症候群について画一的な回復方法は述べられるはずはありません。ですから慢性疲労症候群という非常に難しい症状についてはひとまず置きますが、それに非常に関係が深いと思われる「倦怠感」というものは脳内の血流不足やそれに関係する自律神経のバランスが大きく関係していると私は考えます。

特に原因がないのに倦怠感を感じるようになった・・・正確には「原因がない」のではなく、「自分では原因が思い当たらない」ということだと思います。そして「特に原因がない」と思っているのは、筋肉を使い過ぎたときのように自分の意志で行ったことではなく、自律神経やホルモンバランスなどの生命維持を自動制御している視床下部や脳幹部などの不調だからではないでしょうか。自動制御は自動制御であるが故に自分の考えでコントロールできないのです。コントロールできないところの不調だから「特に原因がない」と感じるのだと私は思います。視床下部や脳幹部が不調になるのは頭部への血液供給が不足していることが大きな要因の一つです。

「倦怠感」の回復には不眠頭痛めまい立ちくらみ動悸不安がとれない慢性疲労など自律神経失調症の場合と同じように視床下部と脳幹部を含む脳への血流不足を回復することが必要です。その為には心臓から頭部への血液、リンパ、脳脊髄液の通り道である頚椎(特に上部頚椎)の施術を行いながら、「中立位の整体」や「頭蓋仙骨療法」で身体の深奥部である硬膜管をも含めた脳脊髄液の循環改善を行うことで「心」と「身体」両方から深いレベルのリラックスを得る・・・脳への血液供給が改善される・・・視床下部と脳幹部が本来の働きを取り戻す・・・自律神経のバランスがとれる・・・ホルモンバランスも回復する・・・その結果、心と身体の両方に覆いかぶさっていた「倦怠感」は取り除かれていくのです。



自律神経失調症、頸椎症に整体 ご予約・お問い合せ

営業・アクセスマップ

大阪市旭区高殿2-8-38-414号 大きな地図で見る

●営業時間
水・木・土・日・祝日:午前9時30分〜午後7時
(※火曜は午後7時〜午後9時まで)
定休日:月曜、金曜

施術料:一律6,000円(税込)
※症状により70分〜2時間程度を予定下さい。

お問い合せ・ご予約専用フォーム
 ↓↓↓
こちらをクリックしてフォームから送信下さい

上記のフォームが使えない方は、
こちら sou-seitaiin@osaka.zaq.jp のメールから
直接ご連絡下さい。

施術中により電話に出られないことも多いため、
出来れば上記のメールからご予約・ご相談ください。

※メールが出来ない方は下記の番号におかけ下さい。

留守録になっている場合は、必ず整体施術のご用件であることと、
お名前と着信番号表示にしていただければ、
必ず折り返しお電話させていただきます。

メールが使えない方は下記番号まで
 080−6186−7089



自律神経失調症 頭痛 めまい 眼精疲労 眩しい 動機 立ちくらみ 低体温 冷え性 ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり) 不眠 慢性疲労 更年期障害  生理前緊張症(PMS) 頚椎症 肩こり 爪がガタガタ 腰痛 自己免疫疾患 喘息 アレルギー性疾患 不安解消 下痢 息切れ 握力低下