頭が重い・・・<症例考察>


頭痛には一次性頭痛と二次性頭痛があって、
クモ膜下出血や脳腫瘍などの重篤な疾患からくる二次性頭痛の場合は
相当注意が必要で、今までに経験したことがないような
突然の強い頭痛などの場合は必ず専門医による診断が必要です。

そして整体で対象としている一次性頭痛は
さらに緊張型頭痛、片頭痛、群発性頭痛に分類されていることは「頭痛」で述べました。

来院された方の主訴が、
頭がズキズキと痛むとかキリキリするとかの場合は
大抵「頭が痛い」即ち「頭痛」と表現されます。

しかし時として「頭が重い」と表現される場合があります。

「頭が痛い」と「頭が重い」は同じなのでしょうか・・・
身体の感覚は人によって違いますので
同じ意味で使われている方もいますが、
「頭が痛いんじゃなくて重い」
「頭が痛い感じもするけれど全体に重くぼーっとしている」
と表現される場合があります。

今回はその辺のところを少し掘り下げて考えてみたいと思います。


「頭が重い」という症状は、
緊張型頭痛に分類されるのが一般的です。

緊張型頭痛は首や肩などの筋肉が硬くなったことに起因して、
脳への血流不足が主な直接の原因と思われます。

もちろんその遠因には精神的なストレスも大きな原因と考えられますので、
そういう意味では「頭が重い」という症状も
「頭が痛い」という症状と遠因や原因は基本的には同だと思います。

しかし、「頭が重い」という表現で症状を訴える方は同時に、
難聴、めまい、耳鳴り、吐き気という耳に関係する不快な症状を併せもっている場合が多いように思います。

施術経験が飛び抜けて膨大なわけではありませんので
決して断定的には言えませんが、
私の経験では「頭が重い」という場合は
「頭が痛い」という場合に比べて
耳に関連する不調に関係している場合が多いように思えるのです。

また、
当然「頭が痛くて重い」という場合もありますので、
頭が痛いことと重いことを厳密に分類しても
あまり意味がないのかも知れませんが、
「頭が重い」という場合に耳、或いは三半規管に
関係していることが多いと思えることは
気になることに思えてなりません。


耳や三半規管の機能は非常に難しく、
また難聴や耳鳴りの機序は
医学的に明確になっていない領域だと思いますので、
私がその仕組みなどをとやかく言うことなどとても出来ませんが、
経験からくる私なりの感覚では、
耳に関する神経や血管は非常に繊細で、
それらは血液供給にも深く関係していながら
脳脊髄液との圧力バランスにもかなり深く関係しているように感じます。

それ故、「頭が重い」という症状の場合は
頭部への血流改善は言うまでもありませんが、
「脳脊髄液の産生〜循環〜排出」という機能の改善が
より必要になってくると考えます。


脳脊髄液は脳室内とクモ膜下腔に満たされている無色・無臭の液体で、
外からの衝撃から脳・脊髄を守る役割の他に必要とする栄養などを運んだり、
老廃物を除去したりする役割があります。

そして脳脊髄液の量は、成人で100〜150mlあり、
絶えず産生〜循環〜排出を繰り返しています。
(詳しくは『脳脊髄液の産生〜循環〜排出について』を参照して下さい。)

この脳脊髄液の産生〜循環〜排出は
すべて非常に大切なのですが、
「頭が重い」という場合は
特に「排出」機能の低下に関係していることが多いと思われ、
その場合、頭部の圧力は高くなってしまいます。

いわゆる脳圧亢進という状態で、
頭部の圧力が高いから心臓からの血液も供給しにくく
血流不足を助長させる一因になります。


脳脊髄液の排出機能が悪いといろんな症状が出てくることがあって、
極端な例かも知れませんが正常圧水頭症では
排出が悪過ぎて脳脊髄液を保持している硬膜が脳内で膨らんでしまい、
その結果大脳や小脳を圧迫することから
記憶障害や失禁、歩行困難など重篤な症状を招くこともあります。

そこまでいかなくても脳脊髄液の排出機能が低下していると、
脳圧亢進の状態を増加させ、
頭部への血液供給不足と共に
耳に関する神経や血管などとの圧力バランスが悪くなって、
めまいや難聴、吐き気などを併発する可能性を高くしてしまうと考えられます。実際の測定は難しいと思いますが、
ひょっとすると脳脊髄液の排出機能が低下して「頭が重い」と感じる状況下では、本当に頭は「重い」のかも知れません。


「頭が重い」という症状の場合は、頭痛など他の自律神経失調症の場合と同じように、
頭部への血液などの通り道である頚椎(特に上部頚椎)の施術も行いながら、
中立位の整体」や「頭蓋仙骨療法」で身体の深奥部である硬膜管をも含めた脳脊髄液の循環改善を行う・・・

その際に特に排出機能の改善を行う・・・

頭部への血液供給が改善されるとともに脳圧が正常になる・・・

耳に関係する神経や血管との圧力バランスが改善される・・・

心と身体両方から深いレベルのリラックスを得る・・・

自律神経の中枢である視床下部や
脳幹部が本来の仕事ができるようになる・・・

自律神経のバランスがとれる・・・

その結果、
他の不快な症状と共に「頭が重い」という
辛い症状から開放されるのではないでしょうか。



自律神経失調症、頸椎症に整体 ご予約・お問い合せ

営業・アクセスマップ

大阪市旭区高殿2-8-38-414号 大きな地図で見る

●営業時間
水・木・土・日・祝日:午前9時30分〜午後7時
(※火曜は午後7時〜午後9時まで)
定休日:月曜、金曜

施術料:一律6,000円(税込)
※症状により70分〜2時間程度を予定下さい。

お問い合せ・ご予約専用フォーム
 ↓↓↓
こちらをクリックしてフォームから送信下さい

上記のフォームが使えない方は、
こちら sou-seitaiin@osaka.zaq.jp のメールから
直接ご連絡下さい。

施術中により電話に出られないことも多いため、
出来れば上記のメールからご予約・ご相談ください。

※メールが出来ない方は下記の番号におかけ下さい。

留守録になっている場合は、必ず整体施術のご用件であることと、
お名前と着信番号表示にしていただければ、
必ず折り返しお電話させていただきます。

メールが使えない方は下記番号まで
 080−6186−7089



自律神経失調症 頭痛 めまい 眼精疲労 眩しい 動機 立ちくらみ 低体温 冷え性 ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり) 不眠 慢性疲労 更年期障害  生理前緊張症(PMS) 頚椎症 肩こり 爪がガタガタ 腰痛 自己免疫疾患 喘息 アレルギー性疾患 不安解消 下痢 息切れ 握力低下