慢性疲労(2)・・・<症例考察>


通常の休養をしても肉体的・精神的なしんどさが回復せず、さらに積極的に休養や摂生に努めて何ヶ月も経つのに一向に回復しないで身体のいろんなところがどんどん辛くなってきたり、気持ちも沈みがち・・・そんな状態になってしまうのが慢性疲労だという話は「慢性疲労(1)」で書きました。
ここでは「慢性疲労」というものをもう少し違った角度から考えてみます。

身体的なダメージや精神的なストレスを受けることは人が生きていく上ではよくあることです。よく「健康になりたい」と誰でも言いますが、健康というものは「なる」ものではなく、「向かい続ける」ものだと私は思います。ホメオスタシスと呼ばれている生体恒常性の維持は人が生きている限り常に働いている訳で、働き続けている過程そのものが「健康」というものとも言えると思います。どこかの資料で読んだことがありますが、「人は死の瞬間まで健康になろうとしている」「健康に向かうことを止めたときに死ぬのである」という言葉がありますが私もそう考えています。

「慢性疲労」のような状態になってしまったときに、「私は健康でない」、「この上なく不健康だ」と嘆く気持ちは分からないではないですが、本当は今現在、生きている限り心と身体は健康になろうとずっと努力しているのです。疲れきっていて全然回復しないと感じるのは、心と身体は相当努力しているけれども報われずに回復したと自覚できるまでに至っていないということになりましょうか。それは「慢性疲労」の歴史と程度が深く、本来あるはずの自己治癒力が発揮できないか、できたとしてもとても力不足な状態になっているということです。ですから、「不健康」を「健康」にするのではなく、力不足になっている健康を底上げするという感覚が正しいのではないでしょうか。

さて、「慢性疲労」ですが私はこの言葉を聞くたびに「にぶさのベール」という概念を思い浮かべます。身体的にせよ精神的にせよ受けたダメージは時とともに回復していくのが通常ですが、何らかの原因で回復しない・・・その上にまたダメージを受ける・・・そんなことを繰り返したとしたらその辛さは耐え難くなってくるはずです。しかし回復しない・・・さらに嫌なことが出てきた・・・そうすると耐え難い状態の上にさらに耐え難い辛さが乗ってきます。もしもそういうことを繰り返していったとき、人は本当に耐えられない状態になると思います。「本当に耐えられない状態」・・・しかし、それでも耐えていくしかない・・・そのためには自分の身体も気持ちも「にぶく」するしかない・・・そう、私は思うのです。

道路に積もった根雪にように、「にぶさ」は時間とともに厚みを増します。何枚も何枚も「にぶさのベール」となって目には見えないけれども身体と気持ちを覆い隠します。そうやってどんどんにぶい身体になっていきます。何故なら辛さで耐えられないからです。本当は耐えられないのに耐えないといけないので、にぶくするしかないのです。本来は「にぶさのベール」で覆われて固まる前に自己治癒力で取り除ける、言わば「敏感」な心と身体を維持できることが大切です。

当整体院には「慢性疲労」やそれと関係が深いめまい動悸立ちくらみ不眠眼精疲労不安がとれないなど自律神経失調症の方がたくさん来られます。施術をしていて何十枚もの「にぶさのベール」を感じる場合が多く、中には何百枚も被っている方もおられます。例えば「昔は腰も痛かったけれど今はましになっている」というような感覚をお持ちの場合があって、それはましになったのではなく、にぶさで感覚として分からなくなっているだけの場合も多いのです。そういう方の施術が進んでにぶさのベールがどんどん取れていくと、やっぱり腰も痛い感じがする、実は眼の奥も重いというように症状が増えてくることがほとんどです。「私は昔から肩こりはないんです。」とおっしゃっている人の肩が石のように硬いことはよくあることです。

「慢性疲労」の回復には「にぶさのベール」を丹念に取り除いていくことが大切です。その為には頚椎(特に上部頚椎)の施術を行いながら「中立位の整体」や「頭蓋仙骨療法」を併用することによって、視床下部を含む脳への血液供給を回復し、身体の深奥部である硬膜管をも含めた脳脊髄液の産生・循環・排出改善を行うことが重要です。そういった施術を通して本来の『自己治癒力』を底上げし、『免疫力』を高め、自律神経やホルモンのバランスを取り戻すことによって、覆いかぶさっていた「にぶさのベール」は取り去ることができ、やがては自分の力で疲労から回復できるという健康本来の力を発揮できるようになると思うのです。



自律神経失調症、頸椎症に整体 ご予約・お問い合せ

営業・アクセスマップ

大阪市旭区高殿2-8-38-414号 大きな地図で見る

●営業時間
水・木・土・日・祝日:午前9時30分〜午後7時
(※火曜は午後7時〜午後9時まで)
定休日:月曜、金曜

施術料:一律6,000円(税込)
※症状により70分〜2時間程度を予定下さい。

お問い合せ・ご予約専用フォーム
 ↓↓↓
こちらをクリックしてフォームから送信下さい

上記のフォームが使えない方は、
こちら sou-seitaiin@osaka.zaq.jp のメールから
直接ご連絡下さい。

施術中により電話に出られないことも多いため、
出来れば上記のメールからご予約・ご相談ください。

※メールが出来ない方は下記の番号におかけ下さい。

留守録になっている場合は、必ず整体施術のご用件であることと、
お名前と着信番号表示にしていただければ、
必ず折り返しお電話させていただきます。

メールが使えない方は下記番号まで
 080−6186−7089



自律神経失調症 頭痛 めまい 眼精疲労 眩しい 動機 立ちくらみ 低体温 冷え性 ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり) 不眠 慢性疲労 更年期障害  生理前緊張症(PMS) 頚椎症 肩こり 爪がガタガタ 腰痛 自己免疫疾患 喘息 アレルギー性疾患 不安解消 下痢 息切れ 握力低下