めまい(2)・・・<症例考察>


とても憂鬱で辛い「めまい」のうち、MRIなどで検査しても脳や脳の血管には何ら異常がないのに発症するめまいは、ストレスに起因する自律神経系の乱れや、内分泌系の機能低下、硬膜管に満たされている脳脊髄液の産生・循環・排出の不良などが一因と考えられることは『めまい(1)』で述べました。
当院に来られる方は自律神経系の不調の方が多いです。そして訴えられる数々の辛い症状のうち、「めまい」に苦しんでいる方は特に多いのですが「めまい」だけという方はまずありません。動悸不眠頭痛首こり眼精疲労冷え性慢性疲労などの症状と共に「めまい」も発症しているケースがほとんどです。
それだけ「めまい」に至る原因が多くの要素に関係していると考えられます。さらにめまいは私自身が経験していることからもう少し考えてみたいと思います。

プロフィールでも少し述べていますが、私自身も強烈なめまいの経験があります。しかしよく考えてみればめまいが突然襲ってきた日の十数年前からずっと胃が痛かったのです。人間ドックでも胃潰瘍という診断で、痛くなったら胃潰瘍の薬を飲むということを延々と繰り返した結果、胃壁は傷が出来てそしてそれが治って、しかしまた傷が出来てと胃の細胞を傷つけ続けていたのです。
ストレスがあるから交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、胃の粘液分泌と胃液の分泌がおかしくなり胃壁を傷つける・・・そして胃が痛いこと自体がまた大きなストレスとなって悪循環に陥る・・・そんな感じだったと思います。しかしその時の私は悪いところと言えば胃だけだと思っていました。痛くなれば胃潰瘍の薬を飲めば痛みは治まります。毎年の人間ドックの後、胃潰瘍の薬を1日3回のひと月分を貰ってそれを一年の間で消費するという状況でした。

そんな毎日を送っていたのですが、ある日突然強烈な回転性の「めまい」に襲われました。めまい自体は一週間の入院で回復しましたが、原因はわかりません。当然MRIも撮りましたが異常はありません。病院ではよく言われるメニエール病ではないと言われました。右耳の神経の炎症があってそれが回復していない、そして眼から入る情報を上手く伝達できていないのが原因とのことでした。直接の原因はそうなんでしょう。あの時もお医者さんからこう言われました・・・「ストレスを抱えないように規則正しい生活をするように」。

幸いなことにめまいはそれから発症しなくなりましたが、退院から半年後に「胃がん」という最悪の事態になってしまいました。これは長年傷つけ続けた胃の細胞がついに異変を起こしてしまったということです。幸い人生最悪と思った胃がんも凄く早期の発見だった故に手術をしてもらい、随分昔に完治しました。その後、整体の世界に入っていくのですが、「まめい」を訴えられる方に施術しながら「めまいは身体が訴えている黄信号」なのだと思えてなりません。

私の場合でも本当は胃が痛いというだけで黄信号だと今では思います。しかしその黄信号を何回も何十回も無視してきた結果、なるべくして胃がんという大事故にあったということなのですが、半年前の強烈な「めまい」は一際大きく強い黄信号だったと思うのです。もちろんそれまでの信号無視が長きに渡っていますのでめまいになったときからストレスのない生活に入れたとしても胃がんは避けられなかったはずです。しかしあの時のめまいは「もういい加減にしろ」・・・「あれだけ胃の痛みで知らせているのにまだ分からないのか」という黄信号だったと思うのです。

「めまい」は脳腫瘍や脳卒中、慢性の中耳炎や耳性帯状疱疹、外リンパ瘻などその道の専門医に治療してもらわないといけない場合もありますので注意が必要です。しかし専門病院での診断で私の時のように「MRIでは異常はない」「耳の神経に炎症がある」「ストレスを抱えないように」などと言われた場合は、ストレスに起因する自律神経系に対して強烈な黄信号をめまいという形で身体が発しているのではないでしょうか。
めまいには軽いものから重いものまであると思います。そしてめまいだけでなく動悸や不眠、生理前緊張などを発症している場合が多いということは、自律神経の制御を司っている脳の奥にある視床下部という小さな脳がどういう風にどれだけ負荷を抱えていているかで変わってくるからだと思います。

眼や耳に関係する神経、大脳と小脳、そして交感神経と副交感神経、ホルモンバランス、体温調整などを司っている視床下部のそれぞれの部位組織に新鮮な血液がどれだけ確保できているか・・・そして静脈血とリンパ、脳脊髄液は正常に循環しているか・・・そのうち精神的なストレスがどれくらい関与しているか・・・厳密にはそれらを正確に測定することなど誰にも出来ないと私は思っています。だからこそ私の整体ではその人の身体システムに同期をとって、回復していく優先度や程度も全て身体システムに任せる・・・そのための必要な「自己治癒力」を底上げするというものです。病院でも薬でも治らない・・・しかしそんな場合でも自分自身には必ず治す力があって、それは誰にでもあるのです。

たかが「めまい」と侮ってはいけません。
場合によれば身体が必死になって教えてくれている最終通告的な黄信号なのかも知れません。



自律神経失調症、頸椎症に整体 ご予約・お問い合せ

営業・アクセスマップ

大阪市旭区高殿2-8-38-414号 大きな地図で見る

●営業時間
水・木・土・日・祝日:午前9時30分〜午後7時
(※火曜は午後7時〜午後9時まで)
定休日:月曜、金曜

施術料:一律6,000円(税込)
※症状により70分〜2時間程度を予定下さい。

お問い合せ・ご予約専用フォーム
 ↓↓↓
こちらをクリックしてフォームから送信下さい

上記のフォームが使えない方は、
こちら sou-seitaiin@osaka.zaq.jp のメールから
直接ご連絡下さい。

施術中により電話に出られないことも多いため、
出来れば上記のメールからご予約・ご相談ください。

※メールが出来ない方は下記の番号におかけ下さい。

留守録になっている場合は、必ず整体施術のご用件であることと、
お名前と着信番号表示にしていただければ、
必ず折り返しお電話させていただきます。

メールが使えない方は下記番号まで
 080−6186−7089



自律神経失調症 頭痛 めまい 眼精疲労 眩しい 動機 立ちくらみ 低体温 冷え性 ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり) 不眠 慢性疲労 更年期障害  生理前緊張症(PMS) 頚椎症 肩こり 爪がガタガタ 腰痛 自己免疫疾患 喘息 アレルギー性疾患 不安解消 下痢 息切れ 握力低下