不安がとれない(2)・・・<症例考察>


明確な不安障害とまではいかないながら、普段の生活で「不安で仕方がない」「過去にこだわってしまう」ことからずっと不安が取れずに気持ちがしんどくなって、腰痛めまい眼精疲労不眠動悸生理前緊張症ホットフラッシュなどのいわゆる自律神経失調症を発症してしまう場合のことは「不安がとれない(1)」で書きました。

ここでは「不安」というものに対して違った角度からもう少し考えてみたいと思います。
『不安とはこれから起こることが予測出来ない、自分にとって未知であるが故に上手く出来るのかという心配が必要以上に先行してしまい精神的に不安定になってしまうこと。』・・・心理学の専門家ではありませんので定義の正確性はさておきまして、私なりに数行で説明してみるとこんな感じになります。

当整体院にも不安から不調を訴える方はたくさん来られます。自律神経を整える施術をして心と身体両面から深いレベルでリラックスしてもらい、交感神経と副交感神経のバランスを取り戻すことによって「不安」は少しずつ解消されていくのですが、施術をしながらいつも思うことがあります。
それは「不安」という気持ちは「安心」の対極にある・・・「安心」という概念があるが故に「不安」という概念が存在するのではないかということです。

「安心」というものを揺るぎのないものとしてしっかりと心にもっていたなら、例え「不安」になるようなことが生じてもその「不安」をしっくりと包み込む場所が心にあるように思うのです。「安心」があれば「不安」は生じないと言っているのではありません。人間生きていく上で「不安」は誰にでも必ず生じてしまいます。問題はその「不安」をしっくりと包み込む場所を心に持っているかどうかだと思えるのです。

経験のない仕事をこれからやらなければならないから不安になる・・・程度の差こそあれほとんどの人が感じる当然の気持ちです。そしてもしその仕事を経験したことがあって大よその予想が立っているならあまり不安にはならないでしょう。この場合は「経験したことがある」ということが「安心」です。ですから「経験したことがない」ということは「安心」がなく、したがって対極としての「不安」を包み込む居場所がないといえるのではないでしょうか。

経験のない仕事などの「不安」は、経験するという「安心」でバランスはとれそうです。しかし必要以上に不安になる・・・どうしても不安がとれず気持ちだけでなく身体も不調になる・・・職場やご近所との人間関係が異常にしんどい・・・場合によれば天候や政治も不安を増長させる・・・今すれ違った人の視線すら気になって身動きがとれない・・・そこまでいってしまった場合の「安心」とは一体何なのでしょうか。

「不安」と同様に「安心」の定義も相当難しそうですが、自律神経系の整体をやっていていつも思うのは、『真の安心とはお母さんのお腹の中でゆったりとしていること。』ということです。いろんな「安心」につながることはたくさんあると思います。しかし、お母さんのお腹の羊水の中でゆったりとしている安心こそ「絶対の安心」と言えると私は思います。そしてその経験は通常は誰もがもっています。誰もがもっていながら、色んなストレスが重なり過ぎるとつい忘れてしまうのかも知れません。

自律神経系の整体は、忘れてしまっている「絶対の安心」を思い出すことに他ならないと思います。
当整体院では血液やリンパ、脳脊髄液の通り道である頸椎(特に上部頸椎)の施術も行いながら、「中立位の整体」や「頭蓋仙骨療法」で身体の深奥部である硬膜管をも含めた脳脊髄液の循環改善を行うことで「心」と「身体」両方から深いレベルのリラックスを得る・・・自律神経のバランスがとれる・・・かつてお母さんのお腹の中で持っていた「絶対の安心」を取り戻す・・・数々の「不安」を包み込む居場所ができる・・・その結果、体調の回復とともに「不安な気持ち」は解消されるのではないでしょうか。

誰でも「絶対の安心」の経験はあります。逆に言うと絶対の安心が必ずある以上、その対極である「不安」は感じてしまう・・・しかし、最後は必ず「安心」が包み込んで「不安」とのバランスをとってくれる・・・何故ならその安心は「絶対の安心」だからなのです。


不安がとれない(3)



自律神経失調症、頸椎症に整体 ご予約・お問い合せ

営業・アクセスマップ

大阪市旭区高殿2-8-38-414号 大きな地図で見る

●営業時間
水・木・土・日・祝日:午前9時30分〜午後7時
(※火曜は午後7時〜午後9時まで)
定休日:月曜、金曜

施術料:一律6,000円(税込)
※症状により70分〜2時間程度を予定下さい。

お問い合せ・ご予約専用フォーム
 ↓↓↓
こちらをクリックしてフォームから送信下さい

上記のフォームが使えない方は、
こちら sou-seitaiin@osaka.zaq.jp のメールから
直接ご連絡下さい。

施術中により電話に出られないことも多いため、
出来れば上記のメールからご予約・ご相談ください。

※メールが出来ない方は下記の番号におかけ下さい。

留守録になっている場合は、必ず整体施術のご用件であることと、
お名前と着信番号表示にしていただければ、
必ず折り返しお電話させていただきます。

メールが使えない方は下記番号まで
 080−6186−7089



自律神経失調症 頭痛 めまい 眼精疲労 眩しい 動機 立ちくらみ 低体温 冷え性 ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり) 不眠 慢性疲労 更年期障害  生理前緊張症(PMS) 頚椎症 肩こり 爪がガタガタ 腰痛 自己免疫疾患 喘息 アレルギー性疾患 不安解消 下痢 息切れ 握力低下